新・三国無双6 偏った感想 - そのままあれこれ

そのままあれこれ ホーム » スポンサー広告 » ゲーム » 新・三国無双6 偏った感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・三国無双6 偏った感想

なんとまた、三国無双6の話題です。

どんなけ期待してたんだって話ですが、

ガンガン書いていこうと思います!


ちなみに今回は前回と違って私情を挟みまくりです。

不快になられる方もいらっしゃるかもしれないのでご注意。


一応、中立的にレビューしたのはこちら → 真・三國無双6 レビュー


では、いきましょう。


※ネタバレ有り




いやー、実は今回の三国無双6にはとても期待していました。
もちろん予約してましたし、公式サイトにも顔を出して新情報など軒並み仕入れていました。
「へぇ晋登場かぁ、新キャラいっぱい出るなー!」
なんてワクワクしてました。


ちなみに三国無双は2,3,4,5とプレイし、
他にも三国志に関連するゲーム、漫画などを多数読んでいたので、
普通の人よりかは三国志の知識を持っていたと思います。


私はその三国志の中で「蜀」という国が一番のお気に入りでした。


ですので、新キャラクターなども蜀を中心に見ていて、
「馬岱出るのかー」とか「劉禅絶対駄目キャラじゃんw」
といった感じに公式サイトを見ながら妄想していました。


さらに、今までのシリーズと同じように完全個別ストーリーを想像していた私は、
「晋が来るってことは、姜維の活躍の場が増えるんだろうなー」
「てか、蜀の後期プレイするには姜維使わないといけないかー」
「ん?そういえば夏侯覇は晋に所属してるけど途中から蜀だったような…」
「…こ…これは期待せずにはいられない!」
などなど、妄想は弾けんばかりに膨らんでいました。


(今思えば、上記の妄想し過ぎが今回一番駄目だった点だと思います…)



さぁそしてついに、待ちに待った発売日がやってきました。
発売日当日に買うなんて三国無双3以来です。


前作の三国無双5があまりにも期待外れで終わったので、
その反動で今回はやってくれるだろう!
と勝手に思い込んでいた部分もあったかもしれません。



さぁいざ、プレイ!


どうやら、今回は個別ストーリーではなく、勢力ごとのストーリーみたいです。

ということで、美味しい物は一番最後に取って置く派な私は、蜀はとりあえず残して、

「魏」からプレイすることに。



おお…!


こ…これは…


お…面白い!


今まで数々の無双をプレイしてきたのでまさかここまで食い入るようにハマるとは思ってもいませんでした…。

「典韋なんか、今まで出てきた瞬間死んでたのに…w」
「まさか、ここまで濃いものに仕上げてくるとは…」
「敵のワラワラ感も凄いし…イベントも楽しいし…」
「恐るべしコーエー…」

などと考えながら時間を忘れてプレイし続けました。


そして、その時はやってきました。

「お、次、樊城(はんじょう)か。これで後半突入ってとこくらいか?」
「魏はたぶん五丈原で終わって、そして晋へ移行って感じだろうから」
「う~ん、しかしなんてボリュームだ!コーエー頑張ったなー今回……あれ?」



「…終わった」



あまりにも突然の終わりに、ポカーンと口を開けたままエンディングを見つめる私。

「え?街亭は?五丈原は?」

と今までの無双をプレイしてきて、あったはずの戦いの名前を口ずさみながら

「その辺も全部、晋に加えられたのかな?ちょうど司馬懿が活躍し出すところだったような気もするし」

とこの時は安易にそう考えることにしました。


何かおかしいなという一抹の不安を覚えながら、
いやいやそんなことは無いと次の勢力の「呉」をプレイすることに。



これまた面白い!



さっきまでの不安が消し飛ぶ面白さで、これまた時間を忘れて没頭プレイ。


シームレスのおかげでテンポよく次々とステージをクリアして、




「……終わった」



またまた、消化不良的な終わり方…


「合肥新城は?」


「てか、呉の後期は!」


まさかのいつもと同じような終わり方にガックリ。


「呉の後期が無かったってことは…」


「もちろん蜀も無いんだろうな…」



今回一番期待していた「後期」無しの事実にテンションが一気に下がり

コントローラーを置く私



いや…

「でももしかしたら…!」


やってみないと分からないと言わんばかりに

コントローラーを再度手に取り、


蜀を早速プレイ開始。


「頼む、頼む…!」


祈るようにプレイしていき、


そいて、いつもならクリアするとエンディングを迎える五丈原のステージに到達。




頼む!


いつものように司馬懿との熱戦を終えて、イベントへ突入。

これまたいつものように孔明様が死に…




「…だよねぇ」


と予想通り後期無しのままエンディングが流れ出しました。




この後は、とくに興味のなかった晋、いわゆる魏の後期をクリアし。

(もちろん魏サイドから見た街亭や五丈原はカット)

ちょっとだけ期待してたクロニクルモードも、その出来栄えにさらにテンションが下がり一気にクリアし。

そっと、ゲーム屋さんに売りに行くのでした…。





今回の教訓として、

「発売前は過度に期待しない」

ことが大事だと思い知りました!

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hohabayuki.blog115.fc2.com/tb.php/68-2adba66c

-

管理人の承認後に表示されます

2012-05-04 07:28 │ from

-

管理人の承認後に表示されます

2012-10-25 16:00 │ from

-

管理人の承認後に表示されます

2012-10-25 16:00 │ from

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。